MENU

新車購入とモデルチェンジの関係を探ります。値引きについてのお得な情報も!

多くの人の関係してくるのが車のモデルチェンジです。
一般的にはマイナーチェンジが2年、フルモデルチェンジが4年あるいは5年とされています。
もっとも自動車ショーなどのコンセプトカーに導入されたシステムをすぐに新車に投入することもあるのでモデルチェンジの期間というのは一定ではありません。
モデルチェンジが発表されるということは、モデルチェンジ後の車種の発売日も同時に発表されます。発表から概ね1ヶ月後の発売となることが多いです。
そうなると現行で発売されている車種は旧型車となってしまいます。
旧型車のほうが好きと言う人もいるでしょう。実際に新しいデザインのフルモデルチェンジの車に馴染めないという人は旧型車を購入するということはよくあります。
さらに旧型車購入のメリットは他にもあるのです。
というのもモデルチェンジが発売されるとやはり新型の車がいいという人が多く、現行車の販売数が急激に落ちてしまうのです。ディーラーとしては現行車の在庫をはきたいですから、新車価格の値引きを多くしてでも売りさばこうとするのです。
そこに新型の車よりも旧型車のほうがいいという人との思惑が合致して一時的に売り上げを伸ばすことがあります。
いわゆる逆駆込み需要とでも言ったほうがいいでしょうか。
購入者にとっても気に入った車を値引き幅の大きい安い価格で購入できるのでメリットがいっぱいなのですが、ここにデメリットがあるのです。
好きな車に乗ることができるので万々歳なのですが、車種としてはフルモデルチェンジ後ということで旧型車になります。
これは厳然たる事実であり、次の車の買い換えというときに下取りあるいは買取の段階で査定価格が不利になることは間違いないでしょう。
次のことは考えないのであれば全く問題はないのですが、次回の買い替えを少しでも有利にしようと考えている人は旧型車を購入するのは形としては中古車を購入するのと同じように思ったほうがいいかもしれません。
もっとも内容は全くの新車ですから、乗るのには全く問題はありません。
旧型車ということで最新のカーテクノロジーは搭載されていませんがそのあたりを気にしない人にとってはフルモデルチェンジ後の旧型車の新車購入というのは安さの面さらには満足度の面で大きなメリットがあるといえます。

それで購入に大きく関わってくるモデルチェンジの時期というのはいつになるのでしょうか。
モデルチェンジの発表は発売の1ヶ月から2ヶ月前ということです。新型車の発売後でしたら旧型車はディーラーでは一切発売されないことになります。
ですから、旧型車はモデルチェンジ発表から新型車の発売日までにディーラーから大げさに言えばたたき売りのような状態で販売されるようになるのです。
また、意に介さなければいいのですが、モデルチェンジの発表前に現行車を購入した人がいたとします。
あと一ヶ月待てばモデルチェンジの発表があったのに・・といかにも残念がる人がいるのです。
これはディーラーにもモデルチェンジの発表は直前まで伏されることがよくあります。というのも伏せないと販売戦略に大きな影響が出るからです。
利用者のほうでもかなり損した気分になるかもしれませんがこればかりはほしいときが買い時と思ってあきらめなければいけません。
もっとも普段からディーラーと仲良くしていれば、そうはいっても情報化社会ですからそろそろフルモデルチェンジがありそうだ、といった情報は流れてきます。
ディーラーからそのような情報を事前にキャッチすることもできるでしょうし、ネットからの情報にも聞き耳を立てておいたほうがいいでしょう。
モデルチェンジの時期を事前にキャッチできたらこれに越したメリットはないと思うのですが、モデルチェンジの発表があるとメーカーもディーラーも車の買替えを考えている人も途端に忙しくなるのです。

このページの先頭へ