MENU

買取交渉がうまく行かない・・さあどうする?

車の買取交渉を進めるにあたって必要なことは自分の買取希望価格というものを最初に決めておくことです。
これを決めておかないと、買取専門業者のペースで買取交渉が進んでいく可能性が高いからです。
希望価格を前もって決めておくことは売却する側にとっても大事なことです。このような買取指標がないと、なにを基準にして業者が指定してくる買取査定額を高いか安いのかを判断することができないからです。
車を売却する一番の狙いは一円でも高く売却することであるのは間違いありません。
買取専門業者も利益を追求する起業ですから、安く仕入れて高く販売したいと思っています。
かたや高く売却したい、かたや安く買取をしたいということですから、普通に考えると接点のない交渉となるのです。ですから、どこかで妥協点を見いださなくてはいけません。
たとえば売却する側は100万円で売却したいのに、買取専門業者からの買取査定額は70万円だったとします。
これでは全くのすれ違いです。
普通の交渉の席でしたら、話にもならないということで交渉決裂になることでしょう。
それでもお互い最初は高くみて、あるいは安くみて交渉に臨んでいるのでしたら、まだまだ交渉の余地はあるのです。希望する売却価格は100万円ですが、85万円でも大丈夫、買取業者側は70万円で買取できたら御の字だけども上は85万円までならなんとか・・と思っているのでしたら、交渉の内容によってはうまく接点がみつかりそうです。
このように最初は双方の希望価格ですから、いきなりこれでは話しにならないといって席を蹴って退室ということではなく、腰を据えてじっくりと話し合いの席を持つことが大切です。
もっともお互いこれ以上の譲歩はないという値段で接点がない場合はもちろん交渉決裂ということになります。
売却する側としては、他にもこのような買取査定の見積もりをもらったということも一言添えておくと交渉がスムーズにいく場合もあります。
競合していることも率直にアピールしておいたほうがいいでしょう。
交渉ごとでは最後の一声ということをよくします。これ以上は難しいと思ったときに「もう3万円でも上積みしてくれたら決めますよ」ということで交渉がまとまる場合もあるのです。
そういう一言が出るように交渉することが大事ですね。

このページの先頭へ