MENU

車買取査定のチェックシートとは

中古車を店舗や買取業者に売却したいときには、査定士による中古車査定を受けなくてはいけません。
それが、どのような基準で査定額を導き出しているのか気になるところかと思います。

 

このように中古車の売却時に1台ずつ現車を確認しながら査定する場合、「カーチェックシート」というチェック項目を1点ずつチェックしていくことになります。
実際に中古車査定に立会うと、査定士の方がクリップボードにはさんだカーチェックシートに手早く記入していくのが分かります。

 

このカーチェックシートは、日本自動車査定協会(JAAI)という団体が定めたものです。中古車査定時に見るべき項目が図表形式で記載されていて、そのシートの各項目へ直接記述していく使い方をします。
記入する項目には、クルマのグレードやボディカラーといった概要や年式、クルマの装備品の有無、動作状態の良否、総走行距離、外装状態など、日本のクルマが持ちうる全てのパーツ状態が評価できる形式となっているのです。

 

それを区分ごとに加点減点方式で採点して、中古車の基準点数を算出するのです。 実際の買取査定額はこのカーチェックシートを埋めただけでは決まりません、あくまで絶対的評価としての点数を算出するのが目的なのです。

 

買取り業者の在庫に同じ車種のクルマがあって、査定を終えているた場合には当然点数が既についているわけということになるのです。

 

そのクルマの売却予定価格が仮に100万円としたら、それよりも点数が多く付いたクルマでしたら5万円プラス、点数が少なければ5円マイナス、といった具合になります。

 

さらに、ここ数年では中古車オークションでの平均落札価格というものが中古車査定の金額の基準になります。
上の例ではすでに査定済のクルマの売却予定価格を決定するときの根拠になる値段ということですね。
中古車オークションでの相場が100万円のクルマであれば、基準となる買取価格もオークション相場価格を基準にしつつ、査定での良し悪しを加味して買取額が決まるという寸法です。
カーチェックシートの点数を上げて査定額を高くしたいというのは誰でも考えると思います。
そのために、キズを直してから査定を受けても、「キズなし。減点なし」となるだけで加点にはならないので注意が必要です。

このページの先頭へ