MENU

ディーラー系の中古車の場合は値引き交渉がしにくいのでしょうか?

新車と違って中古車の場合は値引き幅が少ないとされています。
果たして中古車の値引き交渉というのはそもそも可能なのでしょうか。
中古車市場での販売価格というものはすでに「特価」として販売されていますので、ここからさらに値引き交渉というのは難しいような気がします。
しかし購入する側としては、たとえば100万円が98万円になってもわずか2万円の値引きとかんがえるかもしれませんが、この2万円を月の小遣いとしてがんばっているサラリーマンはたくさんいるのです。
それを考えるとこのようなわずかな値引き幅でも交渉できるのであればどんどん声を出していきたいものですね。
まずディーラー系の中古車であれば、誰もが知っているように出血価格、あるいは特価、キャンペーンセール中などといってすでに安く売っているということを販売店のほうは全面的に出しているのです。
特価中、ということで暗に値引きはしませんと宣言しているようにも受け取ることができます。
新車と比較しても中古車の値引き幅が少ないあるいはゼロであるというところなのですが、ディーラーにしてみれば当然利益幅というのは確保しています。そのような中で余裕のある値引き幅というのを探るのが肝心です。
一般的に中古車の販売価格の1割を値引きとして求めたいところです。とはいっても100万円の中古車をそこから一割の10万円の値引きというのは実現できそうもありません。
それでも2万円から5万円の値引き交渉はできそうです。何も言わないと値引きはしてくれません。
後で見積もり明細などで数千円か数百円の端数をゼロにする値引きをしてもらうのがオチくらいでしょう。

 

また、中古車としての性格を考えるとこちらから是が非でもほしいという姿勢で臨まないほうがいいこともわかると思います。というのも車というのはどんどんその価値を落としていくものですから、待っていると自ずと販売価格を落としていくのです。
中古車というのはその存在自体が在庫ですから販売店としては手離れのいい中古車を扱いたいと考えています。
売れ筋の人気車であったら店頭価格でも売れていくのですが、人気のピークの過ぎた車などでは価格をどんどん安くしないと売れないということになるのです。
いたずらに在庫を抱えたくはありませんし、不人気車になると只でさえ売れない状況ですから、値崩れするのも早いのです。
ですから購入を考えている人は余裕をもって交渉にあたるようにすれば、ディーラーのほうから値引き交渉をしてくる可能性があるのです。
そのあたりをしっかりと抑えておくとその後の値引き交渉を有利に進めることができるでしょう。
一般的にはディーラーよりも町の中古車販売店のほうが値引きなどの交渉をしてくれやすいです。
これはカーオークションなどで安く仕入れてそれを安く売ることができるからです。
ディーラーなどではある一定の利益を確保するようになっているのでどうしても値引き交渉に応じてくれなかったり、仮に応じてくれても少しの値引きということにもなりかねません。
もっともディーラーの場合は売れた後のアフターサポートが充実している場合が多いですからディーラーの値引きがしぶいからといってすべてを否定するものではありません。
ディーラーの営業マンも多くの顧客を抱えています。ここで大幅な値引き交渉に応じるとネットなどの口コミで広がってしまい、次から次へと値引き交渉をする人が増えてくるのもディーラーとしては避けたい面もあるので、大幅な値引き交渉に応じることはありません。その理由としてはその実績がネットなどに流れるのをいやがる側面があることも知っておかなければいけないのです。

 

このページの先頭へ