MENU

車買取の加点と減点の基準について

中古車を査定する人は「査定士」と言って中古自動車査定制度で定められた資格を持っている人です。
査定士が依頼された中古車を査定をするときは、まずはその中古車の状況を一つ一つ細かに確認して査定額を算出します。
中古車査定の方法は、査定士であれば皆同じことをするため、基本的にはどこの中古車買取り業者に行っても、査定額は大きく変わらないはずです。
それでも、実際はその業者がどのような中古車車を買い取りたいと思っているかによって、買取り価格が違ってくるのが現実なのです。
車というのは消耗品ですから、その価値というものは年々落ちていきます。
ですから、納車したばかりのピカピカの新車があるとすれば、そのときを100点として査定は減点方式となるのです。

 

車はこのように減点されているものですが、中には加点されるものもあります。それは何かというと、ズバリ人気車です。
まず中古車を査定するときに加点される部分というのは、その車種が人気車種かどうかという点です。

 

現在、販売台数が急激に伸びている軽自動車や燃費が良いハイブリットカー、さらにはファミリー向けのミニバンなどが高額買取の対象となります。
車体のボディカラーにしても白や黒、シルバーなどを好む人が多いので、加点がもらえるポイントになります。
また、査定をしてもらう前に、車内をキレイに掃除しておくことも加点してもらえるポイントになります。
もっとも、車内清掃は基本的なことなので、加点がもらえることは普通ではないでしょう。

 

忘れがちなのですけど、後部座席やトランクにある自分の荷物はすべて取り払って、ホコリや髪の毛などもキレイに掃除するようにします。
これは加点や減点ということとは関係なくモラルというふうに捉えましょう。
あまりにも汚れがひどいとここで減点になる場合もありますので、注意したいところです。

 

もっとも、丁寧に車を使っていたというアピールは査定士への好印象へとつながり、さらには買取額アップへもつながっていくのです。

 

一方で減点されるポイントというのは、大きく改造された車や個性的な車などの一般受けしない車です。
改造車などは、大手の買取業者では減点されることが多いです。
国産車のセダンタイプの車も現在はあまり人気がなく査定額が下がっています。
さらに、車の色が赤・黄色・ピンクだったりすると、購入者が限定されてしまうため、これらも減点の対象となるのです。

 

また、注意すべき点としては、車のオーナーが売り急いでいるか、ただの査定額を知るための冷やかしなのかといった、オーナーの態度や様子で査定額も多少の変動はあるようです。

 

なによりも査定する側と査定される側で、お互いが気持ちの良い取引ができるように、買取りをしてもらう際には、気持ち的にも余裕を持って依頼するのが良いでしょう。

このページの先頭へ